外食ドットビズ

トピックス

レッドロブスター、いよいよスタート!デリバリーサービスを開始
顧客利便性向上のためテイクアウトサービス引き続きデリバリーサービスも

 レッドロブスタージャパンが運営するシーフードレストラン「レッドロブスター」では、デリバリーサービスを、6月22日の「江ノ島店」を皮切りに、25日には「上池台店」でスタート、そして、7月1日からは「練馬関町店」「武蔵野関前店」「北小岩店」「上板橋店」「大和店」「川口店」「新松戸店」に導入し、以降も順次拡大していくと発表した。なお、当初は「出前館」で開始したが、今後は利便性向上のため、「UberEats」等のデリバリーサービスにも対応していく。
 「レッドロブスター」では、5月1日よりテイクアウトサービスを開始し、自宅でもレッドロブスターの味が楽しめるとご好評を得ている。そのような中、より便利に、そして気軽にレッドロブスターの味を楽しんでもらうためにデリバリーサービスをスタート。ロブスター・カニ・シュリンプなど、その名の通り“究極”のシーフードを組み合わせた「アルティメイトシーフードセット(3~4名向け)」(12,390円)、レッドロブスターの人気ホットアペタイザーを豪華に盛り合わせた「オードブルプレート」(3,890円)、長年愛される具沢山のパエリア「シェフズパエリア」(1,990円)などを提供する。
 

(外食.Biz)
2020年06月26日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る