外食ドットビズ

トピックス

創業58 年の老舗「奴寿司」、従業員200名に「LINE WORKS」を導入
食材写真の共有で仕入れ判断を迅速化、通信費・紙代の削減にも貢献

 ワークスモバイルジャパンは、栃木県内で寿司・和食などの飲食店を8業態12店舗運営する奴寿司が、従業員200名に「LINE WORKS」を導入したと発表した。
 「LINE WORKS」とは、チャットやスタンプ、掲示板、カレンダー、アドレス帳、アンケートなど、仕事で活用できる充実したグループウェア機能を揃えた「ビジネス版LINE」。なじみのあるコミュニケーションアプリ「LINE」のような使いやすさのため、ユーザー教育も特に必要なく、導入したその日からすぐに使えるのが特長。
 奴寿司では、店内での飲食やテイクアウト、パーティー用オードブルや会席料理、寿司職人出張サービスなどのケータリングをはじめとする幅広い飲食サービスを展開。各店舗では部署ごとに就業時間が大きく異なり、仕込みをするスタッフは午前5時頃から業務を開始する一方、酒類を提供するスタッフは午後11時頃まで就業している。
 これまで、業務連絡ツールとしてコミュニケーションアプリ「LINE」を活用していたが、自らの業務と関係のない連絡が就業時間外に届くほか、そうした状況を避けるために就業中の従業員同士がタイムリーな連絡を遠慮してしまうなど、仕事とプライベートの棲み分けに課題があった。
 今回の「LINE WORKS」導入により、「おやすみモード」を活用することで従業員のプライベート時間を確保できるようになったほか、画像を用いた円滑かつ正確な情報共有が可能になり、業務効率向上を実現。なお、奴寿司には職人を含む年配の従業員も多くいるが、プライベートで利用しているLINEに操作感が近いため、スムーズな導入ができたという。
 具体的な活用法としては、市場で食材の仕入れを行う担当者が食材写真を「トーク」で共有することで、各店舗担当者による仕入れの判断が即座にできるようになった。また、従来、メールとFAXで本部に送信していた業務日報を、スマホで撮影して「LINE WORKS」で共有するようにした結果、メールをしてFAX で送るという二度手間がなくなるとともに、通信費や紙代が年間7万円ほど削減される見込みとなった。そして、会議などの出欠確認は「アンケート」を使用し、重要かつ緊急な打ち合わせでは「トーク」で招集をかけるが、未読の関係者に個別でフォローアップすることで、関係者全員に向けて即座に要点を伝えられるようになった。
 

(外食.Biz)
2020年06月26日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る