外食ドットビズ

トピックス

Airペイ、VisaやJCBなどにおけるクレジットカードのタッチ決済(NFC)に対応へ
感染防止へ!時間・手間・コストを極力かけずに接触機会を低減できるようサポート

 リクルートが運営する決済サービス「Airペイ」は、今秋より「Visa」「Mastercard」「JCB」「American Express」におけるクレジットカードのタッチ決済(NFC)に対応予定であると発表した。
 「Airペイ」は、カード・電子マネー・QR・ポイントも使えるお店の決済サービス。iPad又はiPhoneと専用カードリーダー1台があれば、国際ブランドのクレジットカードや電子マネー、QR決済、共通ポイントまで、全29種の決済手段に対応している。2015年10月にサービス提供を開始し、2020年3月末時点で加盟店舗数は前年同月比167%増となり、飲食、小売、美容、サービスなどの幅広い業種に加え、地方自治体と包括連携協定を結ぶなど、全国各地で導入が進んでいる。
 現在、業種ごとに「新しい生活様式」に沿った感染拡大防止ガイドラインが作成されるなど、お店では感染リスクを前提とした自主的な取り組みが強く求められている。そのような中、「Airペイ」では、従来の非接触決済(電子マネーやQR)に加え、今秋、「Visa」「Mastercard」「JCB」「American Express」におけるクレジットカードのタッチ決済(NFC)に対応する予定。かざすだけで決済が完了するタッチ決済(NFC)にも対応することで、日々感染防止に取り組んでいるお店が、時間・手間・コストを極力かけずに接触機会を低減できるようサポートしていく。
 なお、タッチ決済(NFC)とは、専用カードリーダーにクレジットカードやクレジットカード登録済みのスマートフォンなどをかざすだけで支払いが完了する非接触の決済方法。一定金額内であれば、サインや暗証番号を入力する必要がないため、カンタンかつ迅速に決済が完了する。
 同社では、「Airペイ」ひとつでカンタンにあらゆる決済手段が利用できるようにし、お店・消費者双方のキャッシュレス決済にまつわる不便を解消していくことで利便性・生産性向上を実現し、より一層お店を支援していきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2020年06月19日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る