外食ドットビズ

トピックス

カプリチョーザ、「おうちでカプリ」第2弾は人気のパスタメニュー4種のソース
創業当時からの看板メニュー「トマトとニンニクのスパゲティ」など4種のソースを用意

 WDI JAPANは、全国のカジュアルイタリアン「カプリチョーザ」店舗(一部店舗を除く)にて、創業当時からの看板メニュー「トマトとニンニクのスパゲティ」(1,500円)をはじめ、「揚げ茄子とほうれん草のミートソーススパゲティ」(1,550円)、「渡り蟹のトマトクリームソーススパゲティ」(1,620円)、「漁師風スパゲティ ペスカトーレ」(1,590円)の計4種のパスタソースのテイクアウト販売を6月15日に開始した。
 「カプリチョーザ」では、本格的なイタリア料理で自宅での時間を充実したものにしてもらいたいとの想いから「おうちでカプリ」を展開、第2弾としてテイクアウト販売するパスタソースは、自宅で好みのパスタに和えたり、好きな具材を追加してアレンジを楽しんだり、簡単にお店の味を再現することができる。
※金額は、各Wサイズ2~3人前の「税抜き」価格
 

(外食.Biz)
2020年06月16日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る