外食ドットビズ

トピックス

Yahoo! MAP、公式サイト情報にもとづく店舗情報の自動更新に対応
飲食店など約4,600チェーン・約80万店舗における営業情報を公式サイト情報をもとに掲出

 ヤフーが提供する「Yahoo! MAP」アプリ(iOS版、Android版)は、飲食店や小売店など全国約4,600チェーン、約80万店舗の公式サイト情報にもとづく店舗情報の自動更新に対応。これにより、新型コロナウイルス感染症の影響で変則的な営業を行っている店舗の情報を確認しやすくなった。
 緊急事態宣言が解除され、順次飲食店や小売店などの営業が再開されているが、しばらくの期間は、「一時的に閉店し来月から開店する」など変則的な営業を行う店舗もあると予測される。「Yahoo! MAP」では、店舗の営業時間や開店・閉店状況などを表示する機能を提供しているが、情報を更新するには店舗側が情報を修正する必要があり、更新に時間がかかることから、こまめな更新がされにくいという課題があった。そこで、今回、全国約4,600チェーン、約80万店舗の公式サイトにもとづく店舗情報の自動更新に対応した。本情報は週に一回の頻度で自動的に更新されるため、開店・閉店情報など変則的な営業を行っている店舗の信頼性の高い情報を確認しやすくなる。
 同社では、新型コロナウイルス感染症拡大による困難な状況を乗り越えていくために、ユーザーと飲食店に向けて一層のサービス向上に努めていきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2020年06月08日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る