外食ドットビズ

トピックス

リクルート住まいカンパニー、「SUUMO住みたい街ランキング2020 関西版」発表
総合1位は3年連続「西宮北口」、地下鉄御堂筋線「天王寺」「江坂」がランクアップ

 リクルート住まいカンパニーは、関西(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県・和歌山県)に居住している20歳~49歳の男女を対象に実施したWEBアンケート形式による「SUUMO住みたい街ランキング2020 関西版」を発表した。
■総合ランキングは1位「西宮北口」、阪急神戸線と御堂筋線の5駅がトップ10入り
 関西圏の人が選ぶ「住みたい街(駅)ランキング」1位には、3年連続で「西宮北口」(1232点)が入った。以下、「梅田」(893)、「神戸三宮」(695)、「なんば」(553)、「天王寺」(481)、「夙川」(417)、「江坂」「千里中央」(各399)、「岡本」(3853)、「京都」(371)であった。得点が大幅に上昇(385→481)した「天王寺」のほか、「梅田」「なんば」「江坂」に直通の北大阪急行の「千里中央」も合わせると、地下鉄御堂筋線の5駅がトップ10入り。また、阪急神戸線も「西宮北口」をはじめ「梅田」「神戸三宮」「夙川」「岡本」と5駅がトップ10入りした。この2沿線以外では、JR東海道線の「京都」が唯一ランクインした。
■居住府県別は、大阪が「梅田」、京都が「桂」、兵庫が「西宮北口」などに
 居住府県別で「住みたい街(駅)ランキング」を見てみると、まず、大阪府民は、1位「梅田」と2位「西宮北口」が2年連続でトップ2に。「天王寺」が昨年より得点を伸ばし3位にランクインした。また、京都府民は、「桂」「京都」「烏丸御池」、兵庫県民は、「西宮北口」「神戸三宮」「岡本」、奈良県民は、「大和八木」「生駒」「大和西大寺」、滋賀県民は、「草津」「南草津」「守山」、そして、和歌山県民は、「和歌山」「和歌山市」「天王寺」がそれぞれトップ3だった。
■「穴場だと思う街(駅)ランキング」は2年連続で「尼崎」が1位に
 交通利便性や生活利便性が高いのに家賃や物件価格が割安なイメージがある「穴場だと思う街(駅)ランキング」1位は、2年連続で「尼崎」が入った。2位は「塚口」、3位に昨年の13位から大幅にランクアップした「千里中央」が入り、同率4位に「梅田」と「武庫之荘」が入った。6位「西宮北口」、7位「桂」、同率8位に「明石」と「園田」、そして10位に「大国町」が入った。昨年2位・3位だった「江坂」「草津」や「伊丹」などがトップ10から陥落と、昨年と比べると半数の5駅が入れ替わる結果となった。
■「住みたい自治体ランキング」は「兵庫県西宮市」「大阪市北区」「神戸市中央区」
 関西圏の人が選ぶ「住みたい自治体ランキング」トップ10は、「兵庫県西宮市」、「大阪市北区」、「神戸市中央区」、「大阪府吹田市」、「大阪市中央区」、「大阪市天王寺区」、「神戸市東灘区」、「大阪府豊中市」、「兵庫県芦屋市」、「兵庫県明石市」。1位~3位の順位には変動がなかった。大阪府では、「大阪市」から3区がトップ10入り。その他に「吹田市」「豊中市」がランクインした。兵庫県では、「神戸市」から2区がトップ10入り。その他に「西宮市」「芦屋市」「明石市」がトップ10入りし、「明石市」が昨年の12位から順位を上げた。京都府では、「京都市中京区」が最上位で11位を獲得。滋賀県最上位は14位「大津市」、奈良県最上位は15位「奈良市」、和歌山県最上位は32位「和歌山市」であった。

【調査概要】
調査目的:関西圏の住みたい街(駅)や自治体を明らかにすること
有効回答者数:4600人
調査方法:インターネットによるアンケート調査
調査期間(本調査):1月6日~1月12日
 

(外食.Biz)
2020年05月29日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る