外食ドットビズ

トピックス

楽天、「楽天リアルタイムテイクアウト」をダイヤモンドダイニングが導入
「わらやき屋」「今井屋本店」などの人気メニューを自宅で楽しむことが可能に

 楽天は、テイクアウト支援サービス「楽天リアルタイムテイクアウト」が、DDホールディングスグループのダイヤモンドダイニングが運営する約40ブランド、122店舗の飲食店に導入されると発表した。まずは都内の43店舗から開始し、6月中を目途に全店舗へ導入する。
 「楽天リアルタイムテイクアウト」は、スマートフォンやPCサイト上から近隣の飲食店を検索して商品を選び、楽天IDを利用して事前注文と決済ができるサービス。ユーザーは、指定の時間に実店舗を訪れるだけで商品を待ち時間なく受け取ることができる。購入金額に応じて「楽天ポイント」を貯めることができ、支払い時には貯まったポイントを利用することも可能だ。



 一方、ダイヤモンドダイニングは、魚や地鶏を藁の炎で焼き上げる「藁焼き」が特長の土佐料理専門店「わらやき屋」や、秋田県産の新鮮な比内地鶏を使った焼き鳥専門店「今井屋本店」などの人気店を運営。今後、「楽天リアルタイムテイクアウト」を利用することで、これまでそれぞれの店舗でしか味わえなかったメニューを自宅に持ち帰って楽しむことができるようになる。なお、ダイヤモンドダイニングが運営する飲食店がテイクアウトサービスを導入するのは今回が初となる。
 同社では、全国の事業者から「楽天リアルタイムテイクアウト」導入の申し込みを受け付けており、今年10月31日まで、初期費用および月額利用料などの利用料(クレジットカード決済手数料などを除く)を無料で利用できる。
楽天リアルタイムテイクアウト:https://rakutenready.com/ja/takeout/
 

(外食.Biz)
2020年05月28日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る