外食ドットビズ

トピックス

トレタ、「テイクアウト&デリバリーMAP」を活用した大阪府との連携スタート
蓄積された飲食店の詳細情報はオープンデータとして自由に利用できるよう無償で開放

 飲食店向け予約/顧客台帳サービス「トレタ」を開発・販売するトレタは、今年5月1日にβ版として公開した「テイクアウト&デリバリーMAP」のオープンデータ化を5月末までに実施する。これに伴い、大阪府と「テイクアウト&デリバリーMAP」を活用した公民連携を5月20日にスタートした。
 「テイクアウト&デリバリーMAP」は、ユーザーからニーズの高い飲食店のテイクアウトやデリバリーをはじめ、電子マネーやクレジットカードの対応や店内利用の際の予約ページの情報、個室の有無など詳細な飲食店の一次情報を地図上にまとめたもの。任意の地点を選択すると、詳細情報を掲載する飲食店が一目でわかり、ピン(マーカー)をタップするとポップアップで情報が掲出される。飲食店の詳細情報をいち早く掲載するため「飲食店情報登録フォーム」を公開した。飲食店が登録した自店情報のみならず、一般ユーザーからの情報登録も可能となっている。
 今回の取り組みでは、同社は導入飲食店に自店の登録を呼びかけるとともに、「#いま私がお店にできること」をハッシュタグにして、SNS等でユーザーからの登録も広く募集する。加えて、大阪府は、ホームページへの掲載、またOSAKA愛鑑(おおさかめいかん)SNSによる情報発信や府内市町村への情報提供により府民への周知を行う。なお、OSAKA愛鑑とは、大阪府と府内市町村が連携して大阪の「ひと・もの・こと」の魅力を発掘し、「オールOSAKA」として魅力の発信・創造を行う大阪愛に溢れたプロジェクト。
 同社では、「テイクアウト&デリバリーMAP」に蓄積された飲食店の詳細情報をオープンデータとして、5月末を目処に、自治体や事業者、団体、個人等が自由に利用できるよう無償で開放する。オープンデータ化により、情報を活用した新たなサービスが生まれることで、新型コロナウイルス感染症拡大で苦境に立たされる飲食業界への貢献を目指す。
テイクアウト&デリバリーMAP:https://takeout-delivery-map.toreta.in/
 

(外食.Biz)
2020年05月22日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る