外食ドットビズ

トピックス

きちり、“新しい生活様式”に対応した新居酒屋様式のモデル店舗の営業開始
エントランスには除菌トンネル、接触を8割減らす非接触型おもてなしサービスも

 きちりは、新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、宣言解除後に安心して楽しく食事ができるように「#新しい日常」を応援する、厚生労働省の“新しい生活様式”に対応した新居酒屋様式のモデル店舗「KICHIRI新宿店」の営業を開始する。
 今回、“新しい生活様式”に対応し、業界内最高レベルの予防策を目指した居酒屋を、ウイルス予防除菌のコンサル設計施工のサニタイズ社の監修・指導のもと開発。エントランスに除菌トンネルを設置、おもてなしの心はそのままに来店客との接触を約8割減らす“非接触型おもてなしサービス”の取り組みなどを実施する。
 まず、エントランスには、ウイルスや菌を持ち込まないという観点からアルコールなどと比べ皮膚への刺激が少ない厚生労働省よりさまざまな専門分野での使用が認可されている次亜塩素酸水を全身に自動噴霧する除菌トンネル「じあくぐりん」を配置。また、センサー式や足踏み式によるタッチレスのアルコール消毒液を設置することでポンプを手で操作することなく、手や指先を除菌することが可能に。さらに、ウイルスを不活性化することで空間除菌するためのオゾン発生器も設置する。
 感染の機会を軽減する新しい店内サービスも導入。非接触を保つため、オンラインでの飲み会を応援し、希望者にはタブレット端末や、Youtuberもよく利用している顔を綺麗に照らしてくれる女優ライトの貸出を行う。1名でオンライン飲み会の場所を探している人のみならず、複数名で来店して一人ずつの席でオンライン飲み会に参加するなど様々な使い方が可能となっている。また、感染の原因となる飛沫を減らすため、客席テーブルの上にアクリルパーテーションを用意。少人数での来店の場合も横並びになるよう推奨する。今後、幹事を務める方には朗報となるバーチャルリアリティを用いた下見サービスも提供予定。
 そして、対面での接触を避け、真心のこもったおもてなしの心はそのままに、スタッフの接触8割を削減したサービスで、この時代に居酒屋が行うべき“新しい生活様式”を提案。入店時には、液晶モニター越しで案内するなど無人化で出迎え、店内の特製MAPで席まで誘導する。注文は来店客の携帯によるモバイルオーダー、商品は席横スペースにフードカバー付きで提供する。そして、会計は、卓上に会計金額を常時提示し、キャッシュレスによる決済を採用。退店時には、無人化で心を込めて2m以上離れた位置から見送る。

【KICHIRI新宿】
所在地:東京都新宿区新宿3-36-10 ミラザ新宿4F
電話:03-5919-2888
営業時間:10:30?20:00(当面)
定休日:年中無休
席数:206席
 

(外食.Biz)
2020年05月15日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る