外食ドットビズ

トピックス

ヤフー、「Yahoo!検索」のデータをもとに分析したレポートを公開
緊急事態宣言は食のトレンドにどう影響を与えたのか?

 ヤフーが提供する事業者向けデータソリューションサービスでは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大にともなう緊急事態宣言が「食のトレンド」にどう影響を与えたのか、「Yahoo!検索」のデータをもとに分析したレポートを公開した。
 外出自粛の要請により実店舗での買い物も難しく消費活動が落ち込む中、それでも最近伸びてきているニーズはないか分析をしてみると、意外にも幅広く存在していることがわかった。その中でも、今回のレポートでは「食」をテーマに分析した。
 4月7日の緊急事態宣言以降、急激に伸びた検索キーワードが、「美味しいものが食べたい」。感染拡大以降、徐々に外出自粛やテレワーク推奨など自宅で過ごす時間が多くなっていたと思われる。
 一つ目の検索数が伸びたテーマは「高級」。「いくら」「うなぎ」「うに」などの検索キーワードの伸びを見るとわかる通り、様々な高級食材や料理の通販、取り寄せが伸びている。
 二つ目の検索数が伸びたテーマは「スイーツ」。具体的には「スイーツ お取り寄せ」「ケーキ 通販」「プリン お取り寄せ」「マカロン 通販」「和菓子 お取り寄せ」などのキーワード。これらの理由としては、自宅においてできる数少ない変化や刺激であったり、外出・外食などが減ったとこによる出費の低下であったり、長引く自粛でのストレス解消であったり、様々な要因によるものであると推測される。
 そして、三つ目の検索数が伸びたテーマは「支援」。具体的には「コロナ 支援 通販」「お土産 通販」「お菓子 詰め合わせ」「フードロス 通販」などのキーワード。これらは、自粛要請や休校、緊急事態宣言などによって行き場を失った食材、食品を購入したいというニーズ。中には通常で買うよりも安く販売されているものもあり、4月以降急激に検索数を伸ばしている。
 

(外食.Biz)
2020年05月14日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る