外食ドットビズ

トピックス

ミスタードーナツ、「HOPECHA」監修のフルーツティ「台湾果茶」4種を発売
台湾で人気のティースタンドが監修したフルーツ×ジャスミンティの“振って飲む”フルーツティ

 ダスキンは、全国の「ミスタードーナツ」店舗(一部ショップを除く)にて、台湾で人気のティスタンド「HOPECHA」監修のフルーツティ「台湾果茶」4種(各540円/税抜)を期間限定で5月1日に発売した。
 昨今、台湾では“水果茶(すいかちゃ)”が人気であり、ティスタンドも多く立ち並んでいる。その中で、「HOPECHA」は、お茶とフルーツを融合させ、味のバランスにこだわったフルーツティを展開している。今回、飲んだときの味わいにこだわり、「HOPECHA」でもおこなっているドリンクを作った後、よく振ることでジャスミンティとフルーツの混ざり具合をよくし、フルーツの甘みや酸味とジャスミンティの旨みを味わる飲み方を提案する。
 パッションフルーツのナチュラルな果実感と独特の食感、さわやかな味わいが魅力の「パッションフルーツジャスミン」、台湾産パイナップルと台湾産マンゴー特有の甘みに、台湾産レモンの酸味をほのかに効かせた「パインマンゴージャスミン」、オレンジとピンクグレープフルーツにジャスミンティを合わせ、台湾風はちみつを加えた「オレンジピンクグレープフルーツジャスミン」、ブルーベリー・ストロベリー・ラズベリーの3種類のベリーが織りなす深みのある甘さと、ジャスミンティを組み合わせた「ミックスベリージャスミン」を用意した。
 

(外食.Biz)
2020年05月02日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る