外食ドットビズ

トピックス

2020年3月の外食売上高、前年比82.7%と5ヶ月ぶりに前年を下回る
新型コロナウイルスの影響を受け、東日本大震災の減少幅(89.7%)を上回る減少に

 日本フードサービス協会(JF)は、会員企業(有効回収事業者数203社・店舗数39,165店)を対象とした2020年3月度の外食産業動向を発表した。なお、本調査は、新規店も含めた全店データを業界全体および業態別に集計し、前年同月比を算出したもの。
 3月は、外食産業も新型コロナウイルスの影響を大きく受けることになった。2月最終週の政府による大規模イベントなどの自粛要請以降、店内飲食の客数が繁華街立地、ディナー時間帯、土日祝日での減少が顕著で、居酒屋・DRなど飲酒業態を中心に、FR、大型商業施設のフードコートなどの売り上げに大きな打撃となった。特に東京都から「週末の外出自粛」要請が出された3月下旬に一段と客足が落ち、3月の外食の全体売上は82.7%と東日本大震災の減少幅(前年比89.7%)を上回る減少となった。
 全体および業態別概況は以下の通り。( )は、業態合計の対前年同月比
■全体 (売上高82.7%・店舗数99.5%・客数83.4%・客単価99.2%)
■ファーストフード業態(売上高93.1%・店舗数99.1%・客数89.3%・客単価104.2%)
 引き続き、テイクアウト、宅配、ドライブスルーなど、「持ち帰り」需要が下支えしたが、商業施設のフードコートをはじめ店内飲食の客数が振るわず、全体売上は93.1%と前年を下回った。
 業種別売上高は、「洋風」「和風」「その他」は店内飲食の減少を、持ち帰りが下支えし、それぞれ99.1%、92.8%、90.7%。「麺類」は、商業施設立地の落ち込みが大きく81.4%。「持ち帰り米飯・回転寿司」は、弁当・惣菜、回転ずしのテイクアウトなどの持ち帰り部分の下支えがあったものの、「回転寿司」の店内落ち込みが大きく88.3%となった。
■ファミリーレストラン業態(売上高78.8%・店舗数102.0%・客数77.4%・客単価101.8%)
 全体売上は78.8%と前年を大きく下回った。業種別売上高は、「洋風」と「和風」は、月後半にかけて客数が一段と下がり、それぞれ75.0%、69.6%。「中華」は、餃子などのテイクアウト・デリバリーが下支えとなり90.4%。これまで好調を続けてきた「焼き肉」もついに前年を下回り93.3%となった。
■パブ/居酒屋業態 (売上高56.7%・店舗数97.1%・客数59.9%・客単価94.7%)
 飲酒業態は、本来は送迎会シーズンの宴会需要が大きいはずだが、今年はキャンセルが相次いだ。郊外立地や地域密着店などでは当初比較的下げ幅が小さい店も一部あったが、2月最終週の政府の自粛要請のよる落ち込みと、3月下旬の東京都の「週末の外出自粛」要請による2段階の落ち込みで、軒並み売上は下がり、「パブ・ビアホール」は、前年の半分にとどかず46.5%、「居酒屋」は58.6%となった。
■ディナーレストラン業態(売上高59.5%・店舗数99.5%・客数60.9%・客単価97.7%)
 ディナーレストランは、繁華街立地の店の一部では集客がほぼ無い日があるなど、休業や時間短縮を余儀なくされる店も増えて、売上は59.5%となった。
■喫茶業態 (売上高75.3%・店舗数100.0%・客数74.6%・客単価101.0%)
 新型コロナの影響で、商業施設立地店の落ち込みが大きかったうえ、路面店でも客足が落ち、売上は75.3%となった。
 

(外食.Biz)
2020年04月28日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る