外食ドットビズ

トピックス

串カツ田中、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い直営全店を休業に
顧客の安全、感染拡大防止への社会的責任、全従業員の安全の確保のため

 串カツ田中ホールディングスは、新型コロナウイルス感染が拡大している中、政府・自治体からの外出自粛要請もあり、現状の深刻さを真摯に受け止め、4月4日より同社グループが運営する直営店全店を休業すると発表した。
 同社グループは、衛生面に配慮した営業とテイクアウト中心とした施策等を打ち出しながら、営業継続を検討してきたが、顧客の安全、感染拡大防止への社会的責任、全従業員の安全の確保を第一に考え、今回の決断となった。
 対象店舗は、直営店全店116店舗(契約上休業できない店舗は除く)を予定しており、関東エリア89店舗、中部エリア9店舗、関西エリア12店舗、九州エリア6店舗で、フランチャイズ店舗については、任意で休業を推奨していく。また、休業期間は、4月4日から4月12日を予定している。
 

(外食.Biz)
2020年04月03日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る