外食ドットビズ

トピックス

奇跡の出会いから生まれた「サッポロ 北海道 奇跡の麦 きたのほし」登場
奇跡の麦と称される北海道産ビール大麦「きたのほし」の麦芽を使用したビール

 サッポロビールは、奇跡の麦と称される北海道産ビール大麦「きたのほし」の麦芽を使用した「サッポロ 北海道 奇跡の麦 きたのほし」(350ml/500ml缶)を5月12日から全国で数量限定発売する。
 「サッポロ 北海道 奇跡の麦 きたのほし」は、北海道産ビール大麦「きたのほし」の麦芽50%以上使用した、雑味のない味わい、クリーミーな泡、素材が生み出すビール本来のおいしさを楽しめる商品。デザインは、北海道産大麦「きたのほし」が実る麦畑をイメージし、裏面に「奇跡の麦 きたのほし」の開発ストーリーを明示した。
 なお、「きたのほし」が奇跡の麦と称されるのは、共同研究先である岡山大学とともに長年の研究を積み重ね、1万種を超える大麦コレクションの中から、ビールの香味劣化の要因となるLOX-1(脂質酸化酵素)を持たない大麦を発見したことにある。その大麦を北海道の優良ビール大麦品種と交配させ、2016年に新たに品種登録したのが「きたのほし」。2019年には北海道内で生産される大麦のほぼ全量がこの「きたのほし」に切り替わった。
 同社は、「お客様によりおいしいビールをお届けしたい」という想いを実現するため、創業以来140年以上にわたり、ビールの原料となる大麦・ホップの「育種」に取り組んできた。さらに、同社独自の原料調達システム「協働契約栽培」でそれらを調達することで「おいしさ」と「安全・安心」を提供してきた。
 同社グループでは、昨年12月に「サッポログループサステナビリティ方針」を定め、そのキーフレーズとして「大地と、ともに、原料から、笑顔づくりを。」を掲げている。今後も、「育種」「協働契約栽培」といった原料の取り組みを通じて原料生産地、生産者と共栄していく姿を目指し、「きたのほし」生産地である北海道とともに持続可能な社会の実現に向け取り組んでいきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2020年03月31日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る