外食ドットビズ

トピックス

APカンパニー、「汁無香火鍋」を楽しめる「六本木 香火鍋 新天地」登場
きのこや野菜をたっぷり採れて、かつ免疫力もアップする健康的な食事を!

 エー・ピーカンパニーは、「上海香火鍋 新天地」の店舗を移転し、「六本木 香火鍋 新天地」として3月30日にリニューアルオープンする。
新店舗では、定番の火鍋コースをブラッシュアップするほか、夏季の利用も見込み、都内でもまだ珍しい汁気のない火鍋を導入し、きのこや野菜をたっぷり採れて、かつ免疫力もアップする健康的な食事を、年中楽しんでもらえる提案をしていく。
 新しく仲間入りするのが、四川発祥のローカルグルメ「麻辣香鍋(マーラーシャングォ)」。本場において屋台やフードコートで気軽に親しまれているこの料理は、言うなれば、汁なしの火鍋。同店では、15種類以上の季節の野菜に加え、旬のキノコ、牛・豚・鶏の肉類、ホタテ・白身魚・ソフトシェルシュリンプなどの魚介類等から、好みの食材を選び、朝天唐辛子と、オリジナルの火鍋醤で炒めて提供する。スパイスの芳醇な香りと心地よい辛味が、多品目の具材をまとめ上げ、“自身のオリジナル汁無火鍋”を楽しめる。食材の組み合わせ次第で印象が変わり、何度食べても飽きのこない料理となっている。
 また、「香火鍋(かおる・ひなべ)」は、飽きのこない辛さが食欲を刺激する「鶏紅湯」と風味豊かな「鶏白湯」の2色のスープで楽しむく火鍋。一番の魅力は常時10種類以上そろえた個性豊かなきのこ。色とりどりの季節の野菜もたくさん食べることができるので、パワーチャージをしたい現代人、野菜不足解消や体を芯から巡らせてキレイを目指したい人などにおすすめ。
 メニューは、「汁無香火鍋」(5,000円/税込み)と「香火鍋」(4,000円・6,000円・8,000円/同)の4つのコースを用意。いずれも月替わり飯、点心、割包(パオ)、包み菜は好きなだけ食べることができる。

【六本木 香火鍋 新天地】
所在地:東京都港区六本木4-5-7 Prendre 1階
電話:03-5786-0710
営業時間:16:00~24:00(最終入店22:00)
店舗規模:15坪、22席
 

(外食.Biz)
2020年03月30日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る