外食ドットビズ

トピックス

2020年2月の外食売上高、前年比104.8%と4ヶ月連続で前年を上回る
最終週は新型コロナウイルスの影響も、閏年・天皇誕生日などの効果により

 日本フードサービス協会(JF)は、会員企業(有効回収事業者数205社・店舗数39,662店)を対象とした2020年2月度の外食産業動向を発表した。なお、本調査は、新規店も含めた全店データを業界全体および業態別に集計し、前年同月比を算出したもの。
 2月は、新型コロナウイルスの影響が、業態、立地等によって明暗が分かれた。FFが好調な持ち帰り需要に支えられ上振れした一方、DR・居酒屋業態は、インバウンドや宴会需要の減少から、月の後半、特に政府から大規模イベントなどの自粛要請が行われた最終週以降は、客足が減少し売上への打撃が目立った。だが、うるう年の今年は、2月の日数自体が多く、また、天皇誕生日で祝日が増えたなどの特殊要因とあいまって、土曜日が1日多い曜日周りも幸いし、月間では、外食全体の売上は104.8%と前年を上回った。
 全体および業態別概況は以下の通り。( )は、業態合計の対前年同月比
■全体 (売上高104.8%・店舗数99.3%・客数101.8%・客単価102.9%)
■ファーストフード業態(売上高109.8%・店舗数98.8%・客数104.9%・客単価104.7%)
 全体売上は109.8%と前年を上回った。業種別売上高は、「洋風」は引き続き期間限定商品やお得なランチメニューの好調に加え、テイクアウト、宅配、ドライブスルーなどが好調で114.0%。「和風」は、牛丼各社で電子決済の還元キャンペーンが好調で108.6%。「麺類」も、同じく電子決済還元や肉増量メニューなど各種キャンペーンが奏功し104.7%。「持ち帰り米飯・回転寿司」は、下旬以降、弁当の持ち帰りが伸び105.8%。「その他」は、「アイスクリーム」も電子決済還元など各種キャンペーンが好調で108.5%となった。
■ファミリーレストラン業態(売上高102.0%・店舗数101.8%・客数99.4%・客単価102.7%)
 全体売上は102.0%と前年を上回った。業種別売上高は、「洋風」と「和風」は、月後半を中心に新型コロナの影響で客数減が顕著だったものの、うるう年や休日増などの特殊要因に助けられ、月間ベースでは「洋風」97.0%、「和風」96.1%の打撃にとどまった。「中華」は、餃子などのテイクアウトの好調で、売上は107.7%。「焼き肉」は、店によりまちまちであったが、メディア露出や半額キャンペーンが奏功したところや、休日の多い曜日周りもあり、売上は増加して124.4%となった。
■パブ/居酒屋業態 (売上高94.5%・店舗数97.7%・客数94.5%・客単価99.9%)
 飲酒業態は、立地や客層により新型コロナの影響に差があり、若年層やプライベート需要の多い店では影響が比較的少なかった一方、観光地立地や法人の宴会需要が多い店は月後半を中心に大きな打撃を受けた。自粛要請が出された2月最終週以降は、多くの企業で売上が落ち込んだが、うるうによる日数増等でいくぶん緩和され、月間ベースでは「パブ・ビアホール」は売上90.4%、「居酒屋」は売上95.2%となった。
■ディナーレストラン業態(売上高97.4%・店舗数98.8%・客数96.8%・客単価100.7%)
 ディナーレストランも、新型コロナの影響で観光地立地や法人の宴会需要が中心の店では集客減が目立ち、売上は97.4%となった。特に2月最終週に売上が落ち込む企業が多く、3月にはさらなる打撃が予想される。
■喫茶業態 (売上高98.9%・店舗数100.3%・客数94.6%・客単価104.6%)
 引き続き価格改定などで単価が上昇しているものの、新型コロナの影響で商業施設立地の店舗を中心に客足が落ち、売上は98.9%となった。
 

(外食.Biz)
2020年03月26日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る