外食ドットビズ

トピックス

2020年2月の百貨店売上高は、-12.2%と5ヶ月連続で前年を下回る
新型コロナウイルスの影響拡大から、国内外顧客の集客・売上ともに厳しい状況が続く

 日本百貨店協会は、調査対象百貨店75社・206店の2020年2月度の全国百貨店売上高概況を発表。売上高は、3661億2747万円(店舗調整後対前年比12.2%減)と5ヶ月連続で前年を下回った。
 2月は、新型コロナウイルスの影響拡大から、国内外顧客の集客・売上ともに厳しい状況が続き、入店客数も約1割減少した。特に国内においては外出自粛による消費マインドの低下が見られ、インバウンドでは、1月27日以降の中国政府による団体海外旅行禁止、更には春節の月ズレも大きく響いた。また、暖冬により冬物商材も動きが鈍かった。
 顧客別では、国内市場は前月より3.3ポイントダウンの7.8%減(5ヶ月連続/シェア97.0%)であったが、インバウンドは、訪日客減により購買客数(13.4万人/68.3%減)が大幅に減少した結果、免税総売上高は約110億円(65.4%減/2ヶ月ぶり/シェア3.0%)となり、極めて厳しい結果となった。
地区別では、インバウンド比率の高い大都市(10都市/14.6%減)が、前月より12.1ポイントダウンしたが、仙台地区(0.2%増/5ヶ月ぶり)のみ前年を確保した。一方、地方(10都市以外の地区/6.0%減)は全地区でマイナスしたものの、1.4ポイントダウンにとどまった。
 商品別では、主要5品目全てで対前年減となる中、食料品(3.5%減)はバレンタイン商戦等の催事企画が好評で減少幅を抑えることができた。一方、衣料品(15.9%減)や身のまわり品(16.7%減)などのファッション商材は、天候与件もあって冬物重衣料を中心に苦戦し、また、時計や宝飾など一部高額品(美術・宝飾・貴金属:6.6%減)が比較的堅調だった雑貨(18.9%減)も、化粧品(26.4%減)が大きくマイナスしたことから、トータルでは2割近く減少した。
 商品別売上高は、食料品が1177億1022万円(店舗調整後・前年増減率3.5%減)、食堂喫茶90億7951万円(同13.5%減)、衣料品951億725万円(同15.9%減)、身のまわり品450億9755万円(同16.7%減)、雑貨699億147万円(同18.9%減)、家庭用品142億9594万円(同15.4%減)、サービス45億2752万円(同0.7%増)、その他104億801万円(同9.1%増)、商品券57億1809万円(同15.7%減)であった。
 

(外食.Biz)
2020年03月25日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る