外食ドットビズ

トピックス

訪日外客数、2020年2月はCOVID-19の影響を受け58.3%の大幅減
新型コロナウイルス感染症の流行により中国をはじめとした東アジア4市場で71.9%減に

 日本政府観光局(JNTO)は、2020年2月度の訪日外客数推計値を発表。2月の訪日外客数は、108万5千人(前年同月比58.3%減)と、昨年2月の260万4千人を約152万人下回り、5ヶ月連続で前年同月を下回った。
 昨年は2 月であった春節が今年は1 月になったことの反動減に加え、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)が流行し、団体ツアー等の販売が禁止されたため中国市場が減速(前年同月比87.9%減)するなど、東アジア市場において訪日外客数が前年同月を大幅に下回った(東アジア4 市場計で71.9%減)こと、東南アジア市場や欧米豪市場でも前年同月比20%以上減少した国があったことが、訪日外客数全体が前年同月を大幅に下回る要因となった。
 市場別では、インドネシア、フィリピン、ベトナム、豪州、ロシアで2 月として過去最高を記録した。
 JNTOでは、新型コロナウイルス感染症の影響により、多くの市場において訪日旅行を含めた海外旅行需要を控える動きが発生する中で、今後の市場動向を注視しながら、訪日旅行プロモーションを行っていくとしている。
 

(外食.Biz)
2020年03月23日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る