外食ドットビズ

トピックス

大戸屋、希少部位を使った「ミスジステーキサラダ丼」と「ミスジステーキ定食」発売
「子どもの学び応援メニュー」として1食あたり20円を認定NPO法人カタリバへ寄付

 大戸屋は、全国の「大戸屋ごはん処」店舗にて、「ミスジステーキサラダ丼」(1,164円/税抜)と「ミスジステーキ定食」(1,255円/同)を2月21日~3月31日の期間限定で販売する。
 「ミスジ」は、一頭の牛から限られた量しか取れない、希少な部位。とろけるような脂と、肉のやわらかさ、歯切れのよいあっさりとした食感が特徴。この旨み濃厚な牛ミスジに、彩り豊かな野菜ととろろをのせた「ミスジステーキサラダ丼」と、枕崎産の鰹本枯節とバターのコクに、梅の風味を加えた特製ソースが肉の旨みを引き立てる「ミスジステーキ定食」は、どちらも、濃厚な肉の味わいを楽しめる一品に仕立てた。
 なお、本メニューは、「子どもの学び応援メニュー」として、収益の中から1食あたり20円を、認定NPO法人カタリバへ寄付する。
 

(外食.Biz)
2020年02月22日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る