外食ドットビズ

トピックス

サッポロビール九州日田工場、竣工20周年!工場見学施設リニューアル
「黒ラベル」「ヱビス」を同時に体験でき、楽しく学べる充実したツアー内容に刷新

 サッポロビールは、竣工20周年にあたる今年、同社九州日田工場の工場見学施設である「ウエルカム館」を3月26日にリニューアルオープンする。
 同工場は、2000年3月に大分県日田市にサッポロビール新九州工場として竣工した、歴史薫る風光明媚な水郷(すいきょう)の町に立地する自然に抱かれた工場だ。広く西日本エリアや東アジアへの輸出も担う主力工場としての役割を担っている。竣工当初からビール工場ならではの製造設備の見学はもとより、サッポロビールの歴史や商品ブランドの魅力を楽しみながら体験できる総合見学施設を充実させており、九州全域をはじめ、国内外から年間約20万人を迎え、累計でも約894万人を迎えている。
 今回の見学施設リニューアルでは、ブランド体験ツアーを一新し、「STAR TOUR」として実施。これまでの二つのブランド体験ツアー「黒ラベルツアー」「ヱビスツアー」を廃止し、両商品を同時に体験してもらうとともに、同社の歴史を楽しく学べる充実したツアー内容に刷新する。また、テイスティングサロンを全面的に改装し、自由見学の人にも多様な楽しみ方を提供する。
 サッポロビール九州日田工場は、九州では同社唯一のビール工場として、これまでの愛顧に深く感謝するとともに、今後も九州の人々に愛され、地域に貢献し続ける工場を目指していきたいとしている。
詳細:https://www.sapporobeer.jp/brewery/kyushuhita/
 

(外食.Biz)
2020年02月19日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る