外食ドットビズ

トピックス

旬彩庵 丸の内店、お酒の〆には贅沢過ぎる!「〆のたまごかけごはん」が登場
土鍋で炊いたご飯×比内地鶏の新鮮玉子×トリュフ醤油×キャビアをトッピング

 パートナーズダイニングは、会社帰りに「ちょっといいところ」を求めて辿りついた男性や丸の内に通勤するグルメな女子たちの隠れ家的お店「旬彩庵 丸の内店」にて、ディナータイム限定で、贅沢過ぎる玉子かけごはん「キャビアで仕上げる〆のTKG」(2,020円/税抜)の販売を2月17日に開始した。
 注文後に土鍋で炊き上げるごはんでいただく「キャビアで仕上げる〆のTKG」。アツアツ炊き立てごはんに絡めるのは、味の濃い黄身が特徴の比内地鶏の玉子、さらに醤油は話題のトリュフ醤油。これだけでも十分に贅沢だが、最後に「キャビア」をトッピングとお酒の〆には贅沢過ぎる逸品となっている。
 

(外食.Biz)
2020年02月18日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る