外食ドットビズ

トピックス

くら寿司、漁業就業者確保のため「漁業創生プロジェクト」を開始
「循環フィッシュ」の売上の一部を全国漁業就業者確保育成センターに寄付

 くら寿司は、2月5日に「国産天然魚サミット」を開催し、本会にて、大手回転寿司チェーンで初の取り組みとなる「漁業創生プロジェクト」を開始すると発表した。
 「漁業の持続可能な発展」は、世界的な課題となっており、SDGsでも目標に掲げられている。同社は、日本国内の天然魚を有効に活用し、限りある海洋資源を守るとともに、国内の漁業者との共存共栄をめざす「天然魚プロジェクト」を2010年より開始。天然魚の有効活用や低利用魚の高付加価値化、年間契約制度「一船買い」など、漁業者と様々な取り組みを行っている。
今年で10年目となる節目の年に、更なる推進に向けて、取引のある水産関係者や水産行政に携わる政府関係者など約40団体約70名を招聘した会合を業界にさきがけて開催。この「国産天然魚サミット」では、持続可能な漁業の発展を目的に、同社と各水産団体の最新の取り組みや、現状の課題と解決策を共有した。
 また、「国産天然魚サミット」において、同社の新たな取り組みとして「漁業創生プロジェクト」を発表。「循環フィッシュ」(天然魚のアラや骨など食べられない部位を魚粉の一部にし、それを混ぜた餌で育った養殖魚)の売上の一部を、一般社団法人全国漁業就業者確保育成センターに寄付し、同センターが開催する、新規漁業者を求める漁協や漁業団体と漁業就業希望者とのマッチングを図るイベントの運営資金として活用してもらう。寄付額は、2021年1月末までの1年間で、約1,000万円を想定。2月7日から発売する、循環フィッシュ「チョコみかんぶり」「みかんサーモン」を対象にスタートする。
 

(外食.Biz)
2020年02月07日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る