外食ドットビズ

トピックス

エスビー食品、業務用セレクトスパイスブランドより4つの新商品が登場
いつもの料理に振りかけるだけで芳醇な燻製の香りを楽しめるブラックペッパーなど

 エスビー食品は、多彩な単品スパイス&ハーブから、ひと振りでひと皿を本格メニューに変身させるシーズニングまで、多様なニーズにお応えする業務用セレクトスパイスブランドより「燻製ブラックペッパー(あらびき)」「タイ産ホーリーバジル<ガパオ>(パウダー)」(100g/1kg)「スパイストッピング 焙煎スパイステイスト」「スパイストッピング 麻辣テイスト」を2月10日に新発売する。
 限られたオペレーションの中で、調理の際に振りかけるだけで風味のバリエーションが広がり、メニューに付加価値を与えることができる「燻製ブラックペッパー(あらびき)」は、ブナのチップで燻製をしたあらびきのブラックペッパー。肉料理やパスタ、前菜など幅広いメニューに使える。
 タイ産のホーリーバジル(ガパオ)は、甘くてスパイシーな香りが特徴で、炒め物や揚げ物などに使われる。鶏肉などと炒めるガパオ炒めは代表的なメニューのひとつ。「タイ産ホーリーバジル<ガパオ>(パウダー)」は、タイ産のホーリーバジルを乾燥・粉砕したパウダー状の商品。調理・加工の際に、鶏ひき肉などと合わせることで、タイ料理に特徴的な風味を加えることができる。
 「スパイストッピング」は、主に外食において、鶏肉や牛肉にトッピングするだけで、メニューバリエーションに広がりを持たせることができ、多数採用されている。スパイスを核としながら、コーティング技術を駆使し、素材の特性を活かした「加工香辛料」。メニューにトッピングするだけで、スパイスの彩り・香りと旨みが広がる。「焙煎スパイステイスト」は、焙煎したクミン、コリアンダー等で、スタータースパイスのような風味が特徴。塩味、旨みを控えめにすることで、素材の味を活かした調味を可能にした。「麻辣テイスト」は、オニオン、ガーリックの旨みに、花椒のしびれと唐辛子の辛みが加わったトッピング型スパイス調味料。トレンドの麻辣風味が手軽に味わえる。
 

(外食.Biz)
2020年02月07日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る