外食ドットビズ

トピックス

ワタミ、中国本土からJapanese casual dining業態全店を撤退
新型コロナウイルスの影響の長期化が見込まれるなどを踏まえ

 ワタミならびにWATAMI INTERNATIONAL CO.,LTD(香港)は、新型コロナウイルスによる感染拡大による影響で、店舗休業や客数の大幅な減少が長期化する見通しとなったこと、中国経済の先行きも不透明になっていることなどを踏まえ、将来の見通し等を総合的に判断した結果、中国本土に展開している「和民」全店を撤退すると発表した。
 同社グループは、2001年11月に「和民」を香港へ出店以来、海外外食事業の展開を開始。中国本土へは、2005年1月に「和民」を深?に出店、以来、WATAMI INTERNATIONAL CO.,LTDが現地法人を通じて上海、深?、広州、蘇州といった地域で11店舗を展開している。なお、今回、閉鎖を決めたのは11店舗のうち、「和民」「饗和民」「サーモン伝説和民」といった和民業態の全7店舗。
 なお、撤退の時期は調整中で、これによる業績への影響も精査中としている。
 

(外食.Biz)
2020年02月06日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る