外食ドットビズ

トピックス

2019年の外食市場売上高、101.9%と5年連続で前年を上回る
天候や消費増税等の影響で前年を下回る月もあったが、好調なFFに牽引されプラスに

 日本フードサービス協会(JF)は、会員企業を対象とした「外食産業市場動向調査」の2019年暦年(2019年1月~12月)の集計結果を基に、新規店を含めた「全店データ」の業界全体・業態別前年同月比を算出し、年間動向の一指標としてまとめた。
 2019年の外食需要は、7月の長雨、10月の台風19号による被害や消費増税の影響により前年を下回る月があったものの、好調なファーストフードに牽引される形で、外食全体の売上は101.9%と5年連続で前年を上回った。FFは、洋風などを中心に、デリバリー、テイクアウト等が増加し好調、FRは、「洋風」「和風」が不調の一方、「中華」「焼き肉」が堅調で、客単価の上昇とあいまって売上はほぼ前年並み、「パブレストラン/居酒屋」は、店舗減少と客単価低下により、引き続き前年を下回った。
 業態別の売上では、FF(103.4%)は4年連続、FR(100.3%)、「ディナーレストラン(DR)」(101.5%)、「喫茶」(102.6%)はそれぞれ8年連続して前年を上回った。一方で「パブレストラン/居酒屋」(98.9%)は11年連続して前年を下回った。
 四半期動向では、全体の売上高は、台風被害や消費増税などの影響を受けた第4四半期が100.4%と最も伸び率が低かった。それ以外の期ではおおむね102%台で推移した。業態別では、FF・DR・「喫茶」は全ての期で前年を上回った。また、「パブレストラン/居酒屋」は、第1四半期は前年を超えたものの、第4四半期には大きく前年を下回った。
 また、全体の店舗数は、年後半に前年を下回って推移した。業態別では、FF・「喫茶」が全ての期で前年を上回ったが、DRは全ての期で前年を下回った。
 全体の客数は、台風被害や消費増税などの影響を受けた第4四半期に前年を下回った。業態別にみても、すべての期で前年を上回ったのはFFのみで、DR以外の他業態は、複数の四半期で前年を下回り、特に第4四半期には落ち込みが顕著に表れている。
 全体の客単価は、全ての期で前年を上回った。業態別にみると、「パブレストラン/居酒屋」以外の業態は、全ての期で前年を上回った。「パブレストラン/居酒屋」は、忘年会が不調だった第4四半期が通年の結果を押し下げた。

 なお、売上高・店舗数・客数・客単価の対前年比は以下の通りとなっている。
■全体:売上高101.9%・店舗数100.0%・客数100.2%・客単価101.7%
■ファーストフード業態:売上高103.4%・店舗数100.4%・客数101.3%・客単価102.1%
■ファミリーレストラン業態:売上高100.3%・店舗数99.9%・客数98.2%・客単価102.1%
■パブ/居酒屋業態:売上高98.9%・店舗数98.2%・客数99.0%・客単価99.9%
■ディナーレストラン業態:売上高101.5%・店舗数98.5%・客数100.9%・客単価100.5%
■喫茶業態:売上高102.6%・店舗数100.8%・客数99.5%・客単価103.1%
 

(外食.Biz)
2020年02月04日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る