外食ドットビズ

トピックス

くら寿司、ジャパンカルチャー発信型&グローバル旗艦店をオープン
コンセプトは「観光」×「食事」=サイトイーティング(SightEating)

 くら寿司は、“観光(Sightseeing)と食事(Eating)が同時に体験できる「サイトイーティング(SightEating)」“をコンセプトとした「ジャパンカルチャー発信型」店舗である、グローバル旗艦店の1号店「くら寿司 浅草ROX店」を1月22日にオープンする。
 同社では、2020年を「第二の創業期」と位置づけ、国内のみならず、海外進出を加速していく。今年は、訪日外国人観光客の最大化が予測され、日本の文化と和食が世界に再注目されると思われる。そこで、改めて回転寿司の素晴らしさを日本のみならず海外にも更に広める改革として、国内有数の観光地である浅草にグローバル旗艦店を開店する。外国人には、高級なイメージがある寿司だが、江戸の大衆食文化であり、安くて美味しい日本古来のファーストフードである寿司本来の魅力を感じてもらえる「人に伝えたくなる」店舗を目指す。
 敷地面積は、国内最大となる255坪(一般店舗で125坪)、座席数も国内最大となる272席(一般店舗で199席)を配置。内装は、世界的に活躍するクリエイティブディレクターの佐藤可士和氏監修のもと、日本の「祭り」をイメージしたジャパニーズモダンなデザイン。柱やテーブルには白木を、各座席には畳のシートを使用するなど、和のぬくもりを感じられる空間を現代的に表現した。壁には、浮世絵や提灯を装飾し、射的や輪投げなど実際に遊べる“縁日スペース”を併設した。また、外国語対応できるスタッフが一目でわかるように、プレートで明示し、注文用のタッチパネルを4ヶ国語対応するとともに、円滑な接客のために、音声翻訳機「Langogo Genesis」を導入する。これは、世界104言語に対応し、「話す/訳す/伝える」それぞれに最適のAI言語サーバとつながることで、高速・高精度に翻訳が可能なデバイスだ。
 さらに、「自動案内システム」と「自動会計」を導入予定。「自動案内システム」は、店頭のタッチパネルを操作しチェックイン。空席状況に合わせて、自動で座席を案内する。「自動会計」は、座席ごとに取り付けられたカメラと皿についたQRコードを活用しAIで管理。取った皿の分だけ、自動で枚数をカウント。座席で精算を待つことなく、そのままレジに向かうことができる。スマートフォンを使って、事前予約やタッチパネル代わりに注文できる「スマホdeくら」と合わせて、便利に利用できる。

【くら寿司 浅草ROX店】
所在地:東京都台東区浅草1-25−15 浅草ROX4F
営業時間:11:00~23:00(1/22~1/26は12:00~21:00)
電話:03-5830-6106
座席数:272席
 

(外食.Biz)
2020年01月22日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る