外食ドットビズ

トピックス

2019年の訪日外客数は2.2%増の3188万2千人と過去最高に
2019年12月は4.0%減の252万6千人と3ヶ月連続のマイナス

 日本政府観光局(JNTO)は、2019年12月度および2019年度年間の訪日外客数推計値を発表。年間(2019年1月~12月)の訪日外客数は、前年比2.2%増の3188万2千人とJNTOが統計を取り始めた1964年以降で最多となり、韓国を除く19市場で過去最高を記録した。
 2019年度は、東アジア市場については、韓国市場において8月以降訪日外客数が半減する状況が続いているものの、韓国市場を除く3市場は新規就航や増便等による航空座席供給量の増加もあり前年を上回った。東南アジア市場については主要市場において新規就航や増便等により航空座席供給量が増加したこともあり年の後半にかけて高い伸びとなり、欧米豪市場については桜やラグビーワールドカップ2019日本大会の開催を契機とした訪日需要の高まりもあり年間を通じて好調な伸びを示した。
 市場別では、中国が959万4千人となり全市場で初めて950万人を超えたほか、英国がラグビーワールドカップ2019日本大会開催期間中の9月と10月に前年同月比80%増を超える伸率を示し初めて40万人を突破した。
 一方、2019年12月の訪日外客数は、252万6千人(前年同月比4.0%減)と、2018年12月の263万2千人を10万人以上下回り、3ヶ月連続で前年同月を下回った。訪日外客数が多い韓国市場の減速(同63.6%減)が、訪日外客数全体が前年同月を下回る要因となった。一方、韓国市場を除く19市場は前年同月を上回り(同19 市場計で16.7%増)、引き続き堅調に推移している。
 市場別では、香港、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピンが単月として過去最高を記録し、13市場で12月として過去最高を記録した。
 

(外食.Biz)
2020年01月20日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る