外食ドットビズ

トピックス

ワタミ、「ワタミの宅食」にて容器のリサイクルループを拡大
ケミカルリサイクルを中四国に展開、プラごみ削減と再資源化へ

 ワタミは、日替わり夕食宅配を行う「ワタミの宅食」にて、バイオマスプラスチック容器を回収してリサイクルする取り組みを1月13日より中国・四国地方(一部エリアを除く)に拡大。また、同時に、九州、中国、四国エリアでの弁当・惣菜の容器を、バイオマス素材を含んだプラスチック製容器に変更し、宅食事業を展開している全エリアでの容器変更が完了した。
 「ワタミの宅食」では、弁当・惣菜の製造から配達までを自社で一貫して行っており、配達担当である「まごころスタッフ」が食べ終えたあとのバイオマスプラスチック容器を回収し、弁当・惣菜を製造する食品工場「ワタミ手づくり厨房」岩国センター(山口県岩国市)に集め、協力企業にて中間処理を行ったのちに油・コークス・ガスにケミカルリサイクルを実施。ケミカルリサイクルした油から弁当・惣菜の容器に再生する。
 現在は、愛知・岐阜・三重・福井・石川・富山で毎日約31,000食分(約930㎏)のバイオマスプラスチック容器をリサイクルしているが、今回、鳥取・島根・岡山・(備前市の一部エリアを除く)・広島・山口(一部エリアを除く)、香川・徳島・愛媛・高知にエリアを拡大し、9県合計で毎日約20,000食分(約600㎏)のバイオマスプラスチック容器をリサイクルする計画。2022年3月を目標に全国展開を計画しており、その際には年間約6,100万食(約1,830t)のバイオマスプラスチック容器のリサイクルを見込んでいる。
 また、今回、全エリアでの容器変更が完了したことにより、毎日約23万食、1年で約6,100万食(約1,830t)分の容器がバイオマスプラスチック容器となる予定。なお、本取り組みにより、持続的に利用できるバイオマス資源の普及、地球温暖化の防止にも貢献できる点が評価され、日本バイオマス製品推進協議会の「第9回バイオマス製品普及推進功績賞」を受賞した。
 

(外食.Biz)
2020年01月20日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る