外食ドットビズ

トピックス

サッポロビール、世界で人気が高まるロゼワインの新しい楽しみ方を提案
フレッシュな美味しさに着目!新ヴィンテージ2商品をフランスから空輸

 サッポロビールは、フランスワイン「エム・ド・ミニュティ」と「タリケ ロゼ」の2019年新ヴィンテージ2商品をボトリング後すぐにフランスから空輸し、3月19日に全国で限定発売する。
 ロゼワインは、世界的に人気となっており、今や世界のワインマーケットの中で10%以上の売り上げ構成比を占める重要なカテゴリーに成長している(Observatoire du Rose CIVP)。特にフランスでは、「食と合わせやすい」「季節を問わずに楽しめる」ことから、白ワインを抜いて売り上げの30%をロゼワインが占めている(Nielsen data)。一方、日本では、ユーザーの中では「ロゼワイン=甘口」のイメージが強く、「フレッシュな味わい」「辛口」「食事に合う」など、世界で人気となっている要素を伝えきれていない。
 そこで同社では、世界的に大きなムーヴメントを起こしているロゼワインの「フレッシュな美味しさ」に着目し、フランスから空輸便で新ヴィンテージを届けることで、日本のユーザーの多くがまだ気付いていないロゼワインの大きな魅力を実感してもらう。「エム・ド・ミニュティ 空輸便2019年ヴィンテージ」(750mlびん)は、淡い色合いでフレッシュ、果実味があふれ、飲みやすいワイン。「タリケ ロゼ 空輸便2019年ヴィンテージ」(750mlびん)は、バラとワイルドベリーのアロマが漂う中にほんのりスパイスを感じさせ、熟した果実の旨みとピチピチした舌触りも心地よく、自然の恵みと上質感が楽しめる。タパス、イタリアン、エスニック料理など幅広く楽しめるオールマイティーなワイン。なお、海上輸送で輸入する「タリケ ロゼ」は、今年5月に通年発売を予定している。
 また、3月19日をロゼ2019年ヴィンテージの解禁日と設定し、解禁マリアージュ会を開催し、SNSを通じた情報発信を強化することで、日本でのロゼワインのイメージ向上に取り組み、飲用機会の拡大に努める。
 同社は、本取り組みを通し、ワインの新しい楽しみ方を発見してもらうことで、より楽しく豊かな生活に貢献していきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2020年01月17日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る