外食ドットビズ

トピックス

カフェ・カンパニー、人間と分身ロボットが協業するカフェの実証実験開始
誰もが社会参加できる未来と「外食産業における多様な働き方を見据えた取り組み

 カフェ・カンパニーは、オリィ研究所が開発・提供を手掛ける分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」が実際にカフェのサービススタッフとして働く「分身ロボットカフェDAWN Ver.β(ドーン・ヴァージョン・ベータ)」を、渋谷「QFRONT」7Fの「WIRED TOKYO 1999」にて1月16日?1月24日の期間限定で実施する。
 本取り組みは、分身ロボット「OriHime」をALS等の難病や重度障害で外出困難な人々が遠隔操作で実際に動かし、サービススタッフとしてカフェの運営に参画するもの。これは、「動けないが働きたい」と思う人々がいることを知ってもらうと共に、人々の社会参加を妨げている課題をテクノロジーによって克服していくために社会そのものの可能性を拡張していくことを目的とした、昨年12月に「WIRED SHIBUYA」での実証実験を経た両社の取り組みとなる。
 同社は、AIによる画像分析技術の導入などによる「未来のカフェの在り方」や、「外食産業での人材不足」という課題などを解決するための「働き方のデザイン」など、新たなチャレンジに積極的に取り組んでいる。また、オリィ研究所は、「あらゆる人たちに、社会参加、仲間たちと働く自由を。」というヴィジョンのもとに、ALSなどの重度障害者、様々な事情で外出が困難な人たちが遠隔操作で実際に分身ロボットを動かし、カフェを運営するという実証実験を2018年より各所で取り組んでいる。これからの未来に向けて、あらゆる方の社会参画を可能にし、働き方の可能性を拡張していくために、両社で取り組むこととなった。

【分身ロボットカフェDAWN Ver.β】
場所:WIRED TOKYO 1999(渋谷区宇田川町21-6)
日時:1月16日?1月24日12:00?19:00
参加方法:https://bit.ly/2Nl7SvJ
 

(外食.Biz)
2020年01月15日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る