外食ドットビズ

トピックス

東京駅でエキナカ商業施設初の「レスキューデリ」実証実験を開始
エキナカ商業施設で余ってしまった食品と就業後の駅で働く従業員をマッチング

 JR東日本グループの鉄道会館は、フードロス削減を目指し、JR東日本スタートアップの「JR東日本スタートアッププログラム2019」の一環として、フードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」を運営するコークッキングとタイアップした実証実験を1月14日~2月14日の期間で実施する。
 本実証実験は、東京駅改札内のエキナカ商業施設「グランスタ」などのエキナカ店舗の営業終了後に、まだ食べられる食品を駅で働く従業員に販売することで、「エキナカ商業施設のフードロス削減」「エキナカ商業施設の食品エコシステム構築」を目指すもの。
 エキナカ商業施設内の食品を取り巻く環境として、閉店までの品揃え確保、天候による見込み客数の大きな変動という理由からフードロスが発生してしまう課題があった。その課題を踏まえ、エキナカ商業施設内の販売しきれなかった食品を、「TABETE」を運営するコークッキングが買い取り、駅で働く従業員に向けてコークッキング初の実店舗サービス「レスキューデリ」を展開することで、駅の就業人口が多い東京駅エキナカ全体のフードロス削減を目指す。
 なお、フードシェアリングサービス「TABETE」は、飲食店や販売店に存在する“まだ安全に美味しく食べられるのに捨てざるをえない状況にある食事”を美味しくお得に購入することによって「レスキュー」できるサービス。飲食店や販売店におけるフードロスは完全な対策を取るのが難しいと言われており、この課題に対して「フードシェアリング」の形で社会的な取り組みを行う国内最大級のサービスである。
 

(外食.Biz)
2020年01月14日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る