外食ドットビズ

トピックス

カフェコムサ、1月15日はいちごの日!各店舗それぞれで限定ケーキを発売
「コムサステージ銀座店」では、「栃木県産『とちおとめ』いちごのショートケーキ」

 ファイブフォックスグループのコムサは、全国の「カフェコムサ」全35店舗にて、1月15日の「いちごの日」に合わせ、1月11日~15日の5日間、それぞれのパティシエが、普段のケーキとは一味違ったオリジナルのクリームを使用したり、地域に合ったデザインなど、個性溢れる華やかな特別なイチゴの日ケーキを制作・提供する。
 「カフェコムサ」では、日本全国の産地や農園の厳選した旬のフルーツを、ふんだんに飾り付けたケーキを提供している。その日お店でカットした、みずみずしく新鮮なフルーツを使用。フルーツの旬と共に、ケーキを通じて日本の四季や行事を感じることができる、アート感覚溢れるケーキをつくっている。
 今回は、「いちごの日」に合わせ、各店舗で個性溢れるケーキを用意。例えば、「コムサステージ銀座店」では、「栃木県産『とちおとめ』いちごのショートケーキ」(1,200円/1ピース)、「軽井沢プリンスショッピングプラザ店」では、「いちごと練乳クリームのケーキ」(1,000円/1ピース)、「上野松坂屋店」では、「いちごと豆乳のパンダケーキ」(980円/1ピース)、「京カフェコムサ」では、「いちごのミルフィーユ」(900円/1ピース)を提供する。
詳細:http://www.cafe-commeca.co.jp/information/info/4014.html
 

(外食.Biz)
2020年01月11日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る