外食ドットビズ

トピックス

東名阪の外食市場規模、11月は外食単価の低下が響き4ヶ月連続で前年割れ
外食単価は、増税分の増額どころかマイナスに転じ、市場規模縮小の要因に

 リクルートライフスタイルの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、東名阪三圏域(首都圏・関西圏・東海圏)の男女約10,000人を対象とする2019年11月度の「外食市場調査」の調査結果を公表した。
 11月の外食市場規模は、3圏域合計で、前年同月比‐43億円の3,393億円と、4ヶ月連続で前年を下回った。外食実施率は前年比プラスであったが、外食頻度・単価が前年比マイナスとなり、市場規模は前年割れとなった。外食単価は増税分増額するどころか前年比マイナスに転じ、これが響いた。特に50・60代男性での前年比マイナス幅が大きかった。
 圏域別では、首都圏は、市場規模が前年比プラスに転じた。外食単価も首都圏のみが前年比プラスであったが、プラス幅は増税分相当には届いておらず、実質はマイナスとも解釈できる。台風等の影響が大きかった前月に比べ、天候面やカレンダー日並びで大きく前年と条件が違わない今月は、増税後の外食消費マインドのシビアな状況を表している可能性がありそうだ。
 業態別では、「和食料理店」(前年比増減-52億円)、「居酒屋」(同-19億円)、「すき焼き、しゃぶしゃぶ、鍋、おでん等の専業店」(同-11億円)等主要16業態中8業態で前年を下回った。「居酒屋」(前年比増減延べ回数-37万回、単価-24円)、「すき焼き、しゃぶしゃぶ、鍋、おでん等の専業店」(同延べ回数-28万回、単価-28円)等は延べ回数・単価ともに減少した。

【3圏域計(首都圏・関西圏・東海圏)】
①外食実施率:76.4%(前年比+0.1pt) ②外食頻度:4.22回/月(同-0.01回) ③外食単価:2,562円(同-6円) ④外食市場規模3,393億円(同-43億円)
【圏域別】
①外食実施率…首都圏:76.2%(前年比+0.4pt)、関西圏:76.4%(同-0.7pt)、東海圏:77.1%(同+0.2pt)
②外食頻度…首都圏:4.51回/月(同+0.07回)、関西圏:3.90回/月(同-0.19回)、東海圏:3.70回/月(同-0.02回)
③外食単価…首都圏:2,608円(同+32円)、関西圏:2,595円(同-77円)、東海圏:2,296(同-32円)
④外食市場規模…首都圏:2,109億円(同+59億円)、関西圏:873億円(同-91億円)、東海圏:411億円(同-11億円)
※1 外食:夕方以降、店で食事した場合を対象。各圏域の居住者が各圏域の対象都府県内での外食を対象としており、圏域外で行った外食は含んでいない。また、夕方以降、1日2回までの外食を含む。2019年4月度より、外食に「コンビニエンスストアやスーパーマーケット等のイートインスペース」での飲食を加えた。
※2 外食頻度:外食実施者の1ヶ月あたりの平均外食回数。
※3 外食市場規模:各圏域の当該年齢人口×外食実施率×外食頻度×外食単価で算出
※4 10月の消費増税時に外食扱い(税率10%)となる「イートイン」を、外食業態の選択肢に新たに追加した
 

(外食.Biz)
2020年01月09日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る