外食ドットビズ

トピックス

マクドナルド、林野庁が推進する「ウッド・チェンジ・ネットワーク」に賛同
国産木材を活用した「五条桂店」開業!今後も一部外装や構造材で国産木材を積極的に活用

 日本マクドナルドは、林野庁が推進する国産木材の積極的活用に向けたネットワーク「ウッド・チェンジ・ネットワーク」に賛同し、国産木材を外装材として積極的に活用した「マクドナルド 五条桂店」を12月16日にオープンした。
 現在、戦後日本において造成した人工林資源が充実して利用期を迎え、国産材の需要拡大が急務となっているにもかかわらず、木材があまり使われていない現状の打破、また、人工林および林業に携わる人々にとっても持続可能な林業を実現することが課題となっている。「ウッド・チェンジ・ネットワーク」は、林野庁が今年2月に立ち上げた活動で、木材利用に関する課題の特定や解決方策、木材利用に向けた普及のあり方等について協議、検討や、木材を利用しやすい環境づくり、日本全国に木材利用を広げていくプラットフォームづくりに向けて取り組みが行われている。
 一方、「マクドナルド」は、より良い未来のために社会的課題や環境問題に取り組む「Scale for Good(スケール・フォー・グッド)」というグローバルの枠組みを構築し、マクドナルドの強みとスケール(規模)を活用することで持続可能な社会の実現を目指す取り組みを行っている。今回、「ウッド・チェンジ・ネットワーク」の趣旨に賛同し、新規出店、改装、建て替えする店舗の軸組を、これまでの鉄骨から木材に切り替えたり、外装の一部で木材を使うなど、可能な部分で国産木材を積極的に活用する。
 「マクドナルド 五条桂店」では、店舗外壁の装飾として、国産木材を70㎡配置し、黒をベースとした外壁に、木のぬくもりのある色合いが印象的になっている。また、京都市市街地景観整備条例に則して、落ち着きのある色合い、庇のある外壁デザインなどとも相まって、街の雰囲気とも調和のとれた店舗外観となっている。
 同社では、今後も、12月下旬に営業を開始する「マクドナルド 牛久店」など、新規出店、改装、建て替えをする全国のマクドナルド店舗において、可能な部分で国産木材を外装および構造材の一部で積極的に活用していくとしている。
 

(外食.Biz)
2019年12月18日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る