外食ドットビズ

トピックス

日本KFC、こども食堂等への支援活動として食材提供支援を開始
食材廃棄ロス削減にも!調理済み「オリジナルチキン」等を食材として提供

 日本ケンタッキー・フライド・チキンは、調理済み「オリジナルチキン」と「骨なしケンタッキー」を、NPO法人フードバンク横浜を通じて横浜市内のこども食堂等に寄贈する取り組みを今年11月から開始した。
 こども食堂とは、地域住民等が主体となり、子どもやその親および地域の人々に対し、無料または低価格帯で食事を提供するコミュニティの場を指す。なお、全国展開する外食企業で、調理済み商品を食材としてこども食堂等へ寄贈するのは、同社が初という。
 同社では、閉店時に残ってしまった食べられるチキンを食のニーズがある場所に届けたいと、海外のKFCの事例を参考に、日本の法令や環境に適した提供方法を検討してきた。今回、フードバンク横浜と協力することで、食品衛生法および海外のKFCガイドラインを参考に、安全を担保した上で調理済み商品を提供できる仕組みを構築することができたため、横浜市内のこども食堂等への商品寄贈が可能となった。まずは、「伊勢佐木町店」から取り組みを開始し、順次本格的な活動としていく予定。なお、仕組み構築にあたっては、「地域活性化に関する包括連携協定」を締結している横浜市の協力を得た。
 具体的な流れは、①閉店時に店内にある調理済み「オリジナルチキン」と「骨なしケンタッキー」を店舗にてルールに則り凍結・保管する。②フードバンク横浜からの要請に基づき、フードバンク横浜の物流ステーションに配送された商品は、その後、こども食堂等に届けられるが、それぞれの責任で冷凍物流・冷凍管理をすることが必要。③こども食堂等では、安全の配慮のため「オリジナルチキン」は骨を外して提供し、加熱調理をする必要がある。④その他にも決められたルールを「KFC」「フードバンク横浜」「こども食堂等」のそれぞれが守ることで、食材の安全が担保され、安心して食べてもらうことができる。
 

(外食.Biz)
2019年11月27日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る