外食ドットビズ

トピックス

サッポロ生ビール黒ラベル「世界文化遺産を有する島・宮島の冬缶」発売
“夏缶”に続く、四季折々の宮島をモチーフにした季節シリーズ缶の第2弾

 サッポロビールは、『サッポロ生ビール黒ラベル「世界文化遺産を有する島・宮島の冬缶」』(350ml缶)を鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知県の中国・四国エリアにて、11月26日から数量限定で販売する。
 本商品は、今年7月に発売して好評を得た、サッポロ生ビール黒ラベル「世界文化遺産を有する島・宮島の夏缶」に続く、四季折々の宮島をモチーフにした季節シリーズ缶の第2弾。ほんのり赤く染まった空にふんわりと舞う雪を背景に、日本三景の一つで世界文化遺産の「厳島神社」の真っ赤な鳥居が幻想的に浮かび上がるデザインとなっている。
 同社は、中国、四国エリアのビール好きだけでなく、同エリアを訪れる観光客にも「世界文化遺産を有する島・宮島」の魅力をよりいっそう知ってもらうための取り組みを続けていきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2019年11月26日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る