外食ドットビズ

トピックス

スシロー、Shareteaとのコラボ第2弾は「タピオカ黒糖ミルク」
台湾産の黒糖を使用し、日本人の味覚に合わせた新フレーバーが登場

 あきんどスシローは、今夏好評を博した台湾の人気店「Sharetea」と「スシローカフェ部」のコラボ商品第2弾として、本場台湾で定番の黒糖ミルクをベースに、日本人の味覚に合うようにアレンジした「光るゴールデンタピオカ黒糖ミルク」(280円/税抜)の販売を11月15日より開始した。
 今年7月に、「Sharetea」とのコラボレーションにより、スマートフォンなどのライトを当てることで光る“ゴールデンタピオカ”を使用したタピオカミルクティーを販売し、発売から約3ヶ月間で累計175万杯以上を販売。その第2弾商品となる「光るゴールデンタピオカ黒糖ミルク」は、台湾産の黒糖を使用し、本場のエッセンスを取り入れながらも日本人の味覚に合うように「Sharetea」と共同開発をした“スシローオリジナルフレーバー”。本場台湾で定番の味である黒糖ミルクを、まろやかなミルク感たっぷりの商品に仕上げ、さらに前回同様、柔らかさと弾力のバランスが絶妙でもっちりとした食感が自慢のゴールデンタピオカを使用した。スマートフォンのライトをかざすとキラキラ光り輝く見た目にも楽しい商品となっている。
 

(外食.Biz)
2019年11月16日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る