外食ドットビズ

トピックス

やきとりセンター、焼き鳥の新しい食べ方を提案!「チーズフォンデュ」発売
定番串や創作串、その他サイドメニューも具材として自由にチーズフォンデュを楽しむ!

 レインズインターナショナル/CWカンパニーは、全国の「やきとりセンター」店舗(一部店舗を除く)にて、定番串や創作串、その他サイドメニューも具材として自由にチーズフォンデュを楽しめる「チーズフォンデュ(バゲット付き)」(430円)の販売を11月13日に開始する。
 昨今、チーズは、さまざまな食べ方で人気が広がったこともあり、農林水産省の調査では2013年度以降、消費量は毎年増え続けている。リクルート社の調査でも、「料理の味がワンランク上がるから」という理由が上位にランクインしていることから、チーズ料理の人気を表していると考えられる。
 「やきとりセンター」では、焼鳥の新しい食べ方をより多くの人に楽しんでもらうために、好きな焼鳥とチーズを絡めて食べる「焼鳥フォンデュ」というスタイルを提案し、おいしく楽しいお酒の場を提供する。
 一例をあげると、「ももねぎ間」は、チーズと絡めることで、もも肉のしっかりした味わいをさらに濃厚に。たれ・塩・ニンニクダレと3パターンの違った味を楽しめる。「塩つくね」は、チーズの塩味がつくねの旨みをさらに引き出す。軟骨とチーズの新しい食感も楽しめる。その他、「鶏餃子」(480円)、「熟成あい鴨カルパッチョ」(480円)、「黒糖そらまめ」(230円)などと合わせるのもおススメ。
※金額は、「税抜き」価格
 

(外食.Biz)
2019年11月13日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る