外食ドットビズ

トピックス

サッポロビール、仙台工場が緑化優良工場等東北経済産業局長賞受賞
清掃活動・環境保全への取り組みなど、地域社会への貢献度を高く評価

 サッポロビールは、同社仙台工場が、工場の緑化を積極的に推進し、工場内外の環境整備に顕著な功績があった工場として「緑化優良工場等東北経済産業局長賞」の受賞が内定したと発表した。
 「緑化優良工場等表彰制度」は、工場緑化の一層の推進を図ることを目的に、工場緑化により工場内外の環境の向上に顕著な功績があった工場、団体又は個人を表彰するもので、東北経済(通商)産業局長表彰は1986(昭和61)年度から実施している。
 同社仙台工場は、1971年の竣工以来、自然環境との調和や地域社会との共生を大切にする工場づくりを目指し、積極的に工場緑化に取り組んできた。清掃活動・環境保全への取り組みなど、地域社会への貢献度が高く評価され、緑化優良工場として2006年の日本緑化センター会長賞に続く2度目の受賞となる。
 同社は、本受賞を励みとして、地球環境に配慮した主体的な環境活動を通じて持続可能な社会の実現と地域社会に貢献できる工場を目指していきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2019年11月06日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る