外食ドットビズ

トピックス

鼎泰豊、台湾発の点心料理店が注目の渋谷スクランブルスクエアに登場
オープン記念メニューとして「スースータンチャーハンセット」と「モンブラン小籠包」を販売

 髙島屋グループのアール・ティー・コーポレーションは、台湾発の小籠包が看板料理の点心料理店「鼎泰豊(ディンタイフォン)」国内21店舗目となる「渋谷スクランブルスクエア店」を11月1日にオープンした。
 「鼎泰豊」は、1958年に台湾台北市で創業、1993年にはニューヨークタイムズで「世界の人気レストラン10店」の1つにも選ばれた。その美味しさは世界から認められ、日本をはじめアメリカや中国、シンガポール、インドネシアなど世界各国に展開する世界的ブランドとなっている。看板料理の小籠包は、店内で一つ一つ丁寧に包みあげており、美しく折られた18のひだ、スープや具が透けてみえるほど薄い手作りの皮、その皮の中にこめた旨味が凝縮した肉汁は絶品の味。
 「渋谷スクランブルスクエア店」は、通路と店内が格子状の壁で仕切られており、開放感がありつつも、落ち着きのある空間。6名用の個室も完備しており、様々なシーンで利用できる。
なお、同店では、オープン記念メニューとして、カリフラワーライスや青梗菜など、1/2日分の野菜を使用した炒飯をメインに小籠包(4個)などがセットになった「スースータンチャーハン(卵と野菜の炒飯)セット」(1,620円/税抜)、渋皮栗とブランデーで香り付けした栗のペーストを小籠包の皮で包み込んだ「モンブラン小籠包」(2個400円/同)を11月30日まで提供する。

【鼎泰豐 渋谷スクランブルスクエア店】
所在地:東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア13階
電話:03-3498-7110
営業時間:11:00~23:00
定休日:施設に準ずる
座席:88席
 

(外食.Biz)
2019年11月02日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る