外食ドットビズ

トピックス

ホットペッパーグルメ外食総研、2018年度中食市場規模タウンランキング
首都圏「池袋・大塚」、関西「梅田・大阪・北新地」、東海「名古屋(JR・近鉄・名鉄名古屋)」

 リクルートライフスタイルの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、東名阪の男女約10,000人を対象に毎月実施している「外食市場調査」について、2018年度の外食および中食のタウンランキングを発表した。最終回となる第8回目は、首都圏・関西圏・東海圏の中食市場規模タウンランキング。
 首都圏の中食市場規模が大きかった街は、1位「池袋・大塚」(240億円)、2位「新宿(代々木)」(197億円)、3位「東京・日本橋・大手町(人形町)」(160億円)、4位「大宮・さいたま新都心」(142億円)と4位までは前年・前々年と変わらず、以下、5位「千葉(稲毛)」(132億円)、6位「町田・相模大野」(125億円)、7位「横浜駅周辺」(124億円)、同率8位「浦和」「川口・蕨」(各111億円)、「吉祥寺・三鷹(武蔵境・東小金井)」(106億円)であった。
 関西圏は、昨年に引き続き1位は「梅田・大阪・北新地」(205億円)、以下、2位「西宮北口・甲子園」(107億円)、3位「尼崎・伊丹・塚口」(105億円)、4位「天王寺(大阪阿部野橋)」「四条(烏丸)・河原町(祇園四条)」(各104億円)、6位「江坂・千里中央」(82億円)、7位「京橋・天満橋」(77億円)、8位「三ノ宮(三宮)・元町」(75億円)、9位「枚方市・寝屋川市・香里園・樟葉」(73億円)、10位「堺東・堺」(71億円)と続き、順位の入れ替わりはあったものの、トップ10の顔ぶれは変わらなかった。
 東海圏も、1位「名古屋(JR・近鉄・名鉄名古屋)」(97億円)、2位「春日井・勝川(高蔵寺)」(53億円)、3位「栄・伏見(矢場町)」(51億円)、4位「岐阜・名鉄岐阜(西岐阜)」(50億円)、5位「尾張一宮・名鉄一宮」(49億円)、6位「大曽根・ナゴヤドーム前矢田(黒川)」(35億円)、7位「豊田市駅周辺」(32億円)、8位「近鉄四日市」(31億円)、9位「金山」「東岡崎駅周辺」(各27億円)と、こちらも順位の変動はあったが、トップ10の顔ぶれは変わらなかった。

 

(外食.Biz)
2019年10月10日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る