外食ドットビズ

トピックス

ALOHA TABLE、国内全店舗でプラスチック製ストローの提供を廃止
深刻化する海洋汚染、年間約100万本のプラスチック製ストローの削減に寄与

 ゼットンは、国内の「ALOHA TABLE」全店舗にて、近年世界的に深刻化する海洋汚染に繋がる使い捨てプラスチックの使用削減に取組み、プラスチック製ストローの提供を10月1日より廃止したと発表した。
 「ALOHA TABLE」では、紙ストローを8月上旬に試験導入し、使用した1,102名の来店客にアンケートを実施し、その回答結果をもとに今回、全店導入に至った。今後、プラスチックの使用削減に取組むことで、年間約100万本のプラスチック製ストローの削減に寄与するとともに、店頭にストローポリシーを設置することで、来店者に海洋汚染に繋がるプラスチック問題を伝えていく。
 なお、ストローが必要な人には、持続可能な森林経営のもとで調達された木材を使用し、環境に配慮した「生分解性」に優れた紙で、衛生環境が整った国内工場で生産および外部機関において食品衛生法に則った試験を実施して安全性を確認といった、トレーサビリティが明確かつ安全性を追求した日本製紙の紙ストローを提供する。
 

(外食.Biz)
2019年10月07日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る