外食ドットビズ

トピックス

インフォマート、地方創生に特化した飲食事業に参入!「さとむすび」を出店
郷土料理や地酒が楽しめる地方創生イベント型飲食店を羽田イノベーションシティ内に

 インフォマートは、全国の各地域に根差した文化の振興を図ることを目的として飲食事業に新規参入し、2020年夏頃にまち開きする大規模複合施設「HANEDA INNOVATION CITY(羽田イノベーションシティ)」内に、全国各地のご当地食材を使った郷土料理や地酒が楽しめる「さとむすび」を出店すると発表した。
 「さとむすび」は、「食」と「酒」を発信する2つのスペースに分かれ、総席数130席を想定。明るくナチュラルな空間と、地方産地とのライブ中継ができる大型モニターも設置し、各自治体と連携した食関連イベントも開催する予定。また、当店だけではなく、有楽町、銀座エリアや築地等の都内中心部の提携飲食店との共催イベントも企画している。
 店内では、グルメやお酒だけでなく、食材の産地・作り手・調理法・さらにその土地の風土などの特色なども紹介し、日本各地のカルチャーを発信していく。
 同社では、「さとむすび」を通して、食・住・旅行・ビジネスなどあらゆるジャンルを融合させて、様々なヒト・モノ・コトの交流を誘発し、その地域に新たな価値を提供し、日本国内だけでなく世界のあらゆる国から観光客が訪れる羽田で、インバウンドによる外国人旅行客との交流の活性化にも貢献していきたいとしている。

【さとむすび】
形態:72坪の空間を使った地方創生イベント型飲食店
席数:130席
場所:大田区羽田空港一丁目・二丁目の各一部
開業:2020年夏頃予定
営業時間:11:00~22:00
 

(外食.Biz)
2019年09月12日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る