外食ドットビズ

トピックス

「サッポロチューハイ99.99」販売好調!販売計画を上方修正
新しい味覚体験を届けることで、RTD市場の活性化に貢献できるブランドとしてさらに育成

 サッポロビールは、「サッポロチューハイ99.99<フォーナイン>」が販売好調により、8月31日出荷分をもって年間計画の8割である320万ケースを達成し、2019年販売計画を当初発表の400万ケース(250ml×24本換算)から、2.5割増となる500万ケース(同)に上方修正すると発表した。
 同社によると、好調継続の要因として、今年5月に行ったリニューアルが上げられるという。2018年の発売以降、寄せられた意見をもとに、原材料の配合を見直し、さらに研ぎ澄まされたクリアなうまさとプリン体ゼロを同時に実現。さらにスムースで上品な飲み口になったとともに、プリン体を気にする人からの商品魅力度アップが図れたという。また、シンプルで洗練されたスタイリッシュなパッケージデザインが、ターゲットである30~40代の男性を中心に引き続き支持を得ている。5月のリニューアル時には、「99.99」のフォント変更、全体のレイアウト変更を行い、全体をマットニス加工にすることで、さらに本格感、上質感のあるデザインに仕上げた。そして、CMやイベント等による顧客とのコミュニケーションを通じて、メインである30~40代男性に加え、20代のからの支持も拡大していることから、今後もコミュニケーション活動を強化し、より幅広い層からの支持拡大を図る。
 なお、同社では、9月3日からは「サッポロチューハイ99.99クリアアップル」を、11月6日からは「サッポロチューハイ99.99クリアユズ」をそれぞれ限定発売し、「研ぎ澄まされたクリアなうまさ」という新しい味覚体験を届けることで、RTD市場の活性化に貢献できるブランドとしてさらに育成していきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2019年09月11日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る