外食ドットビズ

トピックス

TableCheck、アジア最大級のオンライン旅行会社シートリップと業務提携
2020年東京オリンピックへ向けレストランのネット予約からインバウンド強化へ

 飲食店の予約・顧客管理システムの開発・提供等を行うTableCheckは、アジア最大級のオンライン旅行会社であるCtrip.com international Ltd.(シートリップ)と、2020年に向けさらなる増加が見込まれる中国旅行者のインバウンド促進を目的として業務提携したと発表した。
 シートリップは、約3億人の会員をかかえるアジア最大級のオンライン旅行予約サイトであるとともに、運営するグルメサイトには、全世界約900万店舗の飲食店情報が掲載され、その中から厳選された約2万店舗の優良店を、中国人の味覚に合わせたグルメガイド「シートリップ・グルメリスト」として会員向けに発表している。
 今回の業務提携では、「シートリップ・グルメリスト」に選出された日本国内の飲食店約1,200店舗に対するアワードプレートの授与代行から開始し、今後は、ネット予約の連携や相互のユーザートラフィックを高める施策を連携して行っていくことを予定している。ネット予約連携が実現すれば、年々増加の一途をたどる中国人旅行者が、日本の飲食店の情報収集や予約の簡便性、利便性が向上し、国内飲食店へのユーザートラフィックをさらに増加させる仕組みを構築することが可能となる。
 同社は、今後も海外オンライン旅行サイトとの連携を進め、さらなるインバウンド需要と国内レストランとの最適なマッチングを強化していきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2019年09月10日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る