外食ドットビズ

トピックス

くら寿司、ワンランク上の新スイーツブランド「KURA ROYAL」誕生
厳選された旬の素材を贅沢に使用!「たっぷり完熟マンゴーパフェ」などを発売

 くら寿司は、高品質とおいしさを追求したスイーツブランド「KURA ROYAL」を新設し、その第1弾商品として「たっぷり完熟マンゴーパフェ」、「黒糖タピオカミルクティー」、「黒糖タピオカ抹茶ミルク」を回転寿司チェーン「無添くら寿司」にて9月9日より販売する。
 素材を極めた「旬の極み」シリーズから誕生した「KURA ROYAL」。「ロワイヤル」とは、仏語で「王の」「王室の」を意味し、人々を魅了し続けるフランス菓子のように、厳選された素材を贅沢に使用した、こだわりのオリジナルスイーツブランド。女性の開発者が専任で従事し、「お客様に驚きと喜びを感じてほしい、至福のひとときを味わっていただきたい」という思いから、「夢見心地スイーツ」をコンセプトに、開発した。素材・製法・ビジュアルにこだわった「専門店以上のスイーツ」の実現により、感度の高い女性を中心に、新規客の来店や利用頻度の増加を目指す。
 9月9日~9月19日に各店舗1日20食限定販売する「たっぷり完熟マンゴーパフェ」(518円)は、「マンゴーの王様」とよばれる味が濃厚で香りも高い、最高級のインド産アルフォンソマンゴーを使用したマンゴーソースとプリンが特徴。特にプリンは純度の高い生クリームを合わせることで、従来品にはない濃厚な味わいを実現した。マスカルポーネムースと五穀のグラノーラを敷き詰めた上に、ストロベリーや豆乳アイス、糖度12度の甘い完熟アップルマンゴーをたっぷりトッピング。凝縮されたマンゴーのジューシーさに加え、グラノーラの食感も楽しめる。
 また、9月9日~11月7日に各店舗1日20食限定販売する「黒糖タピオカミルクティー」(518円)は、ミルクティーに合う、芳醇な香りと濃厚なコクが特徴のインド・アッサム地方の茶葉を使用。茶葉を煮出すことで、自然な香りと風味の紅茶に、たっぷりのミルクを合わせた。台湾産のタピオカ原料を使用した大粒のブラックタピオカは、黒糖で煮ることで、濃厚な味わいともっちりとした食感が楽しめる。同じく、「黒糖タピオカ抹茶ミルク」(518円)は、安政元年創業の老舗「玉林園」の京都府産の宇治抹茶をベースとして使用。石臼挽き製法でじっくり丁寧に仕上げることで、香り高くコクの深い味わいが特徴。上質な抹茶をふんだんに使うことで鮮やかな緑を活かしつつも、口どけの良さを意識した。
 

(外食.Biz)
2019年09月09日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る