外食ドットビズ

トピックス

ジョナサン、秋の夜長に"大人の晩餐”を!「ふわり香る 牛フィレと牡蠣」フェア開催
牛フィレ・牡蠣をメインに朴葉味噌・赤ワイン・ガーリックなど香る名脇役が大活躍!

 すかいらーくレストランツは、全国のファミリーレストラン「ジョナサン」店舗にて、こだわり素材の味と香りを存分に楽しむ食欲の秋にぴったりのフェア「ふわり香る 牛フィレと牡蠣」を9月5日~10月9日の期間で開催する。
 ジョナサンでは、「素材へのこだわり」「食文化の発信」をコンセプトに掲げ、日本ならではの食の楽しみ、四季折々の季節食材を使用したメニューを展開してきた。今秋のフェアでは、きめ細やかな肉質でやわらかさが特徴の「牛フィレ(メキシコ産)」と風味豊かな広島産の大粒の「牡蠣」をメイン食材に据え、「朴葉(ほうば)味噌」・「赤ワイン」・「ガーリック」などの香る名脇役たちが2つの食材のおいしさを一層引き立てるメニューを取り揃えた。
 「牛フィレと牡蠣の朴葉焼き御膳 おぼろ豆富の銀あん仕立て添え」(1,799円)は、岐阜県・飛騨高山地方でおもてなし料理として振る舞われる朴葉焼きで牛フィレと牡蠣という食材の旨みを存分に引き出した一品。香ばしい朴葉味噌の香り・風味が、素材の旨みを最大限に引き立てる一皿に仕上がった。また、「牛フィレと米なすのミルフィーユ仕立て 芳醇赤ワインソース」(1,699円)は、交互に重なった牛フィレステーキと口どけの良い米ナスの異なる味と食感の融合を楽しめる上、芳醇な赤ワインソースとのマリアージュを感じられる一皿。
 その他にも、「豪州産グラスフェッドビーフ100% ハンバーグときのこの芳醇赤ワインソース」(1,099円)、「牛フィレのサイコロステーキ」(899円)、「九州産きなこ豚の塩麹焼き御膳 牡蠣と野菜のみぞれ煮添え」、「牛フィレステーキ&ガーリックピラフ」(1,299円)、「広島産牡蠣といくらと九条ねぎのスパゲッティ」(1,099円)、「広島産大粒牡蠣のクリーミードリア」(999円)など、かぼちゃやさつまいも、きのこなどの秋野菜を添えた、香りでも味わえるバラエティ豊かなメニューが集結。相性の良いアルコールメニューを見つけ、秋の夜長の“大人の晩餐”を楽しんでもらうこともおすすめする。
※金額は、「税抜き」価格
 

(外食.Biz)
2019年09月06日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る