外食ドットビズ

トピックス

日本で最も歴史のあるビールブランド「サッポロラガービール」が缶で再登場
「赤星」の相性で知られる熱処理ビールならではの味わいが高く評価されるビール

 サッポロビールは、業務用市場を中心に大びん・中びんのみで販売している「サッポロラガービール」の缶商品(350ml/500ml缶)を、7月に続き10月16日に数量限定発売する。
 「サッポロラガービール」は、1877(明治10)年に同社の前身である開拓使麦酒醸造所から発売されて以来、今に受け継がれる、日本で最も歴史のあるビールブランド。熱処理ビールならではのしっかりとした厚みの味わいが高く評価され、販売実績が2011年から7年連続で伸長しており、ビール好きに愛され続けている商品だ。
 缶のデザインは、現在のびんラベルを忠実に表現。ラベル中央の赤い星は、開拓使のシンボルであった北極星を表し、ファンからは「赤星」の愛称で長年親しまれている。片面には、1957年のラベルを再現し、戦時中から長く続いたビールの冬の時代から1957年にラガービールの全国販売を再開させたストーリーを掲載した。
 同社は、「ビール再強化」をテーマに掲げており、ビールブランドをさらに強化することで市場における同社の存在感を高めていきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2019年08月22日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る