外食ドットビズ

トピックス

7月の訪日外客数、5.6%増の299万1千人と単月として過去最高を記録
中国は単月として初めて100万人を突破し過去最高を記録するなど引き続き好調

 日本政府観光局(JNTO)は、2019年7月度の訪日外客数の推計値を発表。7月は、前年同月比5.6%増の299万1千人と、昨年7月の283万2千人を約16万人上回り、単月として過去最高を記録した。
 単月として初めて訪日外客数が100 万人を突破するなど引き続き好調な中国市場が訪日外客数全体の増加に寄与した。また、欧米豪市場でも、継続的に展開してきた訪日旅行プロモーションの効果もあり、前月に続き全市場で訪日外客数が前年同月を上回った。これに対し、訪日旅行を控える動きが発生した韓国(-7.6%減)を含め、インドネシア(-4.9%減)や香港(-4.4%減)など、アジアの一部市場において前年同月を下回る例が見られた。
 市場別では、中国で単月として過去最高を記録したほか、13市場(シンガポール、フィリピン、ベトナム、インド、豪州、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スペイン)で7月として過去最高を記録した。
 

(外食.Biz)
2019年08月22日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る