外食ドットビズ

トピックス

串かつ でんがな、大阪と鹿児島のコラボ!「さつまかつ串」新発売
老舗さつま揚げ店「小田口屋」とコラボし「ごぼう」「黒豚なんこつ」「きびなご」を用意

 フォーシーズは、大阪で愛される串かつを独自のこだわりやおいしさで再現した串かつ居酒屋「串かつ でんがな」の限定10店舗にて、鹿児島の老舗さつま揚げ店「小田口屋」とコラボレーションした新商品「さつまかつ串」を8月5日に期間限定で発売した。
 「小田口屋」は、1955年創業の鹿児島県に本店を構える老舗さつま揚げ店。5種類程度の魚を練り上げて旨味を引き出したすり身に豆腐と山芋を使用し薩摩地酒を練りこんだ、こだわりと伝統の技で作られる“さつま揚げ”は鹿児島県内のみならず多くの人に愛されている。
 「さつまかつ串」は、「小田口屋」が厳選した鹿児島県産の食材を練り物にし、お店で特製の衣に包み込んで串かつにした、お互いのこだわりと技を組み合わせて商品化できた今までにない商品。種類は、風味が豊かで独特のアクが少ない鹿児島県産のごぼうをたっぷり練りこんだシャキシャキとした食感も楽しい「ごぼう」(134円)、鹿児島の郷土料理を練りこんだ「黒豚なんこつ」(153円)、鹿児島の食卓にかかせない食材のひとつ“きびなご”の味が楽しめる「きびなご」(134円)の全3種類。大きめに練り込んだ厳選素材からは、素材そのものの香りや食感をしっかりと楽しむことができる。
※金額は、「税抜き」価格
 

(外食.Biz)
2019年08月10日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る